Just another WordPress site

menu

美しさを継続する秘訣

30代過ぎのたるみ…なんとかしたいたるみケア!

Happy young woman applying cream in bathroom

女性の肌トラブル、というと吹き出物や乾燥肌が真っ先に思い浮かびますが、30代を過ぎるとそれに肌のたるみが加わりますよね。

30歳を過ぎてから頬や顎を触った感覚がなんとなく違う…と思いながらも「気のせいかな?」と考え、毛穴が開いてきたのを見てから「完全にたるみ毛穴だ!」とショックを受けてしまうひとも少なからずいるはず。

この「肌のたるみ」、30代以降の女性の様々な悩みに繋がっているんです。

上記のようなたるみ毛穴、目の下のクマ、額のシワ…たるみから派生する悩みはどれも顔の印象を大きく変えてしまう物ばかり。

これらのたるみは実は20代からすでに始まっているので、早めのケアが必要になってくるんです。

では、どのようなケアが必要なのでしょうか?さまざまなケアの中でもチェックしたいのが保湿と紫外線対策。

肌の皮脂量というのは20代をピークに減少していきます。

スポンサードリンク

これに加え、セラミドのような角質細胞間脂質が少なくなった乾燥肌は非常にたるみやすく、肌のお悩みを引き起こしやすいのです。

そして更に重要なのが紫外線対策。

紫外線によって起こる肌のお悩みといえばシミですが、たるみに対しても大きな影響を与えています。

紫外線をたくさん浴びることによって、コラーゲンやヒアルロン酸などを作り出す「繊維芽細胞」という細胞がダメージを受け、肌のハリを作り出す機能が衰えてしまうのです。

これらを防ぐには、セラミドやNMF(天然保湿因子)の生成量を増やしてくれる、角質層のケアが出来るスキンケアを使用する。

空調の肌ダメージを避けるため、職場でもミスト化粧水やミニ加湿器で乾燥を防止する。

紫外線予防のため、夏以外でもUVケア用品を使うなどのケアが効果的。

これらのケアを1年、2年と続けることでこの先の肌年齢が全く違ってきます。

気付いたときからでも決して遅くはないので、ぜひ保湿と紫外線予防のたるみケアを意識してみてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2024年4月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930